Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Profile
New Entries
Category
Recent Comment
クリック募金
クリック募金(dff)
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
ヒナの悲劇

8月も今日で終わり。

一時涼しくなっていましたが、

再び猛暑がやってくるとのこと。

あ〜〜暑いのはいやだーー(−−)

まだまだ秋は遠いなー。

 

今年も豪雨で大きな被害がありましたね。

アマゾンの大きな火災も気になります。

この地球は大丈夫なんでしょうか。

 

さて、ヒナの事件ですが、、、

 

お盆の頃のお話。

台風が来る、前日でした。

朝 シャッターを開けると

デッキに鳥のヒナが🐤

 

 

何のヒナかなー。

台風が来るのに、大丈夫?

野生動物は 勝手に保護したらダメだって聞くし。

どうしたらいいのかな。。。

と、パルとガラス越しにガン見してました。

 

しばらくすると、ピッピッ鳴きながら

低飛行で少しずつ飛んで行き

どこかに姿を消してしまいました。

 

その後、私はヒナの事も忘れ

娘と一緒に庭で台風対策の片付けをしていました。

斜め向かいの公園から

カラスの騒がしい鳴き声が聞こえてきたのですが

私は気にも留めず(よくあることなので)

片付け作業に没頭していました。

 

「カラス、うるさいなー」

そして

「あーっ!カラスが襲ってる!」

 

その言葉を聞いた瞬間、ヒナの事を思い出しました。

即座に公園の方へ振り向き

猛ダッシュ!

 

走って来る私に気づいたカラス達は

何かをくわえたまま、更に公園の中に移動。

私も柵を乗り越えて公園の中に入り

カラス達の方へダッシュ!

ようやくカラス達は諦めて

そのまま飛び立っていきました。

 

そのあとに残された小さな何か。。。

予感的中のヒナでした。

 

手のひらにのせると 大きく足を動かしたので

助かるかも。。。と期待をしたのですが

その後は全く動かなくなりました。

きっと息を引き取る瞬間に足を動かしたんでしょう。

 

 

その日は、落ち込みました😢

 

ヒナを見つけたときに、何か出来なかったのか。

もっと早くにカラス達に気づいていれば。。。

助けてあげれなくて ごめんね。

本当にごめんね。

 

後になって気づいたのですが

公園で騒いていたのはカラスだけではありませんでした。

ヒヨドリも激しく鳴き叫んでいました。

カラスが立ち去ったあとも

暫くの間、ヒヨドリは鳴いていました。

恐らく ヒナはヒヨドリだったんでしょうね。

 

自然界では、よくあることなんでしょうが、

私にとっては、とても辛い出来事でした。

我が家の庭には、時折野良にゃんが姿を現します。

私の知らない間に、

野良にゃんにヒナが襲われることもあるでしょう。

でも目の当たりにすると、辛いです。

 

人間がするべき事は、

自然の営みに手を出すのではなく

自然を守ることですね。

緑が失われ、温暖化になったり

異常気象で大きな災害が多発したり

ごみ処理を怠って、様々な生き物が命を失ったり。。。

 

あ〜ん、暗い話になってしまいました💦

最後は、我が家のイケメンの写真で

締めくくります。

では、イケメンなパルをご覧くださーい(*^▽^*)

ほんま、イイ男やなぁ〜〜♡

 

posted by: toyo | 動物関連 | 13:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
キジ

2週間ほど前の話なのですが。。。

 

生まれて初めて、

野生のキジに遭遇しました。

そう、日本の国鳥のキジです。

 

早朝、職場の駐車場にいたんです。

それがこの写真↓

 

 

携帯で撮ったものをトリミングしました。

距離があったのでどうしても画像が荒いです(^^;

 

 

 

職場の方の話だと、

5〜6年前から姿を見かけていたそうです。

でも2~3年前からは姿を見なくなり

鳴き声だけ耳にしていたそうです。

そして最近また姿を見せるようになったとか。

 

「雉も鳴かずば撃たれまい」

なんて諺もありますよね。

今ネットで鳴き声を聞いてみたんですけど

昔はこの声、良く耳にしたなぁ〜と。

でも姿を見たのは初めて。

 

キジと出会えるなんて超ラッキー(^^)

何か良いことがあるといいんだけどねーーーー!

 

posted by: toyo | 動物関連 | 15:40 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
わさびちゃん
今日は 本のご紹介です

「わさびちゃん」と言うのは、
ご存知の方もいると思いますが、
ツイッターで少し話題になった
アビシニアン似の超〜〜〜可愛い 仔猫ちゃんです

その仔猫ちゃんの本が出版されました。

IMG_20131003_145612-s.jpg

昨日我が家に届き 途中まで読みましたが、
写真を見てるだけで 涙が出ちゃって〜(^^;

私がわさびちゃんを知ったのは、ツイッター。
誰かのリツイートに目を通したのがきっかけでした。
すぐに フォロワーになり、
わさびちゃんの治療や成長を 見守っていました。

カラスに襲われていたところを 保護され
口の中に大怪我を負ってしまいましたが
お母さん お父さん おばあちゃん 大勢の皆さんの協力で
回復に向かっていました。

でも。。。

わさびちゃんの訃報のツイを見たときは
ショックでした。
涙が止まらなかった。

わさびちゃんは 本当に 本当に よく頑張りました。

IMG_20131003_145800-s.jpg

本当に 本当に 天使です

IMG_20131003_150026-s.jpg

同居のワンちゃんとも仲良しで
ツイの画像には とても癒されていました。

IMG_20131003_150502-s.jpg

生前から出版のお話はあったそうなんですが、
まさかこんな結末を迎えるとは。

小学館から出版されています。
1000円ほどだったと思います。

書店やAmazonで 購入できます。

わさびちゃんに会って
癒されてください。
元気をもらってください。
そして 涙を流してください。
posted by: toyo | 動物関連 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
海水魚から淡水魚へ
今の一戸建てに引っ越してから、もうすぐ17年が経ちます。
以前住んでいたマンション時代から、熱帯魚を飼っていました。
もちろん、言っときますけど
お魚担当は、ダンナさんですから(^^)

海水魚と淡水魚、併せて水槽は3〜4本あったかな。
阪神の震災で、淡水魚は全滅してしまったので
こちらに来てからは 海水魚一筋〜〜〜♪

むか〜し 私のサイトでアップしていた画像を見つけました。
当時使っていた写真を適当に寄せ集めてJPG画像にしたので、
統一感がないですがご勘弁を。
それがこれです
↓
海水魚

海水魚

皆さんがご存知の、ニモちゃん(カクレクマノミ)もいましたよ(^^)
恐らく15〜16年ぐらい生きたかな。
グレイエンゼルって魚は、マンションで阪神の震災も体験し
割れた水槽の破片で体に傷を負ったんですが、
その後14〜5年くらいでしょうか、元気に長生きしてました。

が、、、
今年夏前に、最後まで残ったカクレクマノミも死んでしまい、
水槽が空っぽに。。。

そして、今年夏 水槽をリニューアルして海水魚から淡水魚に 
へ〜んしん!
 
淡水魚
 
淡水魚
 
淡水魚
 
淡水魚 

ということで、我が家の水槽は
リニューアルオープンしました〜
posted by: toyo | 動物関連 | 17:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2度目の遭遇
今朝の散歩での出来事。

ご近所(我が家から50mぐらいかな)のお家の塀に
あるものを発見!


分かりますか〜?
赤い〇で囲んだ部分。
ヘビ ですっ!
右の〇印が頭の部分で、左の〇印がシッポ。

お顔のあたりを拡大すると。。。


それほど大きいヘビではなかったけど、全長は50cm以上はあったと思います。

もう1枚写真を撮ろうとしたら、すっと隠れてしまったので
これ1枚しか撮れませんでした。
頭の形が三角ではないので、マムシとか〜毒ヘビではないと思うんですけど。

10年ほど前は、近くの公園や道路で見かけることもあったけど、
最近はヘビなんて見ることはありませんでした。。
特にこんな人家の塀にヘビが貼りついてる姿なんて
生まれて初めてかも。

小鳥さんは歓迎するけど、ヘビはねぇ。。。
どうか、我が家には来ませんように(笑)

ところで丁度1週間前、車で山間へ出かけた時にも
ヘビに遭遇したんですよ。
池の横にある狭い道路を徐行運転してたら
道路にロープ?

近づくと 突然そのロープの半分ほどの長さが
ピョンと跳ね上がって( ̄〇 ̄‖
ニョロニョロと池の方へ動いて行ったんですよーーー

えぇ〜〜〜!
うっそーーーー!!!!!
って、メッチャびっくりしました

白っぽいヘビで 1m以上はあったんじゃないかなぁ。。。。?
ヘビは車が近づいて驚いたんでしょうけど、
それ以上に 驚きましたよ、わたし。

その道は何度も利用していたし
これからも何度も訪れるところ。
(歩いて通ることもある)
周りは、池や田んぼに囲まれたのどかな田舎です。
そこに行った時は 空を見上げてトンビやツバメの姿を眺めてました。
が、これからは 足元も注意して通らなければ


話変わって、前回の記事でご紹介したハクセキレイさんですが〜
もしかすると お引越しされてしまったかも。
昨日から 鳴き声がしなくなりました。
巣の周辺を監視していたのか 
よく隣家の屋根にとまっている姿をみかけていたのに
その姿も見なくなりました。

やっぱり 家中の物音が気になったんでしょうね。
たとえ私たちがトイレを使用しなくても
どうしたって物音はしますから(^^;

ちょっと(いや、かなり)残念ですけど〜
もっと環境の良いマイホームが見つかることを願ってます


posted by: toyo | 動物関連 | 12:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ハクセキレイ
GW、皆さんはどのように過ごされたでしょうか。
私は特に遊びに行くこともなく、
ちょっとした仕事などをしてあーーーっと言う間に過ぎてしまいました(^^;

まず タイトルの本題に入る前に、
一応 の近況報告を。

全員 それなりに ボチボチと元気に過ごしています。
以上!(爆)

つまり 大きな変化もなく、まぁまぁ落ち着いているということです(^^)

さて本題ですけど、、、、、

GWの後半から、我が家の2階のトイレの換気口のところに
小鳥が営巣を始めました。
2〜3年前にも同じ場所に小鳥が営巣を始めたことがありましたが
その時は2〜3日でどこかに行ってしまいました。

でも今回は、どうやら本格的なマイホーム建設が行われている模様。
外から見ると、白黒模様の小鳥が近くにいるところをよく見かけるので
恐らくこの白黒さんが 新しい住人(鳥)のようです。

昨日ベランダに出ると、隣家の屋根にこの白黒さんを発見。
じーーーっと私の顔を見てるみたい。(^^;
早速ググってみると〜、どうやらこの白黒さんは
「ハクセキレイ」という鳥のようです。

詳しくはこちらを見てください(Yahoo!オンライン野鳥図鑑)

「セグロセキレイ」とよく似ていますが、お顔の模様が少し違います。

大きな声で鳴くことはないのですが、
バサバサ、、、カタカタ、、、カタン、、、チッチッ、、、
などと物音がよく聞こえ、落ち着かないですぅ〜

シュウぼっちゃんは
「なんや なんや なんかおるぅ〜〜」とトイレのドアを開け(−−メ
じーーーっと観察。
そのうち私の顔を見上げて、「にゃぁ〜」と。(笑)
「うん、そうやね、なんかおるねー。」と私。
こんな感じで 親子で会話しております(爆)

エルザも最初2階に来たときは、かなり反応してましたけど
その後はそうでもないなぁ。
トントンに至っては、まず殆ど2階に上がってくることがないので
小鳥の存在には気づいていません。
耳も少し遠くなってきているようなんで、
2階に来ても 気づかないかも(^^;

ところで、小鳥さんがいると トイレが非常に使い辛い!!!
小鳥さんを脅かさないように。。。なんて考えてると
出るものも出ないじゃん!(爆)
窓も開けられないし、、、困ったもんです。はい
まぁ自然に任せるしかないですね。

そして昨夜我が家では
「なるべく2階のトイレは使わないように」と注意報を発令しましたぁ〜(^^)
家族全員 苦笑しながら快諾です(^m^)

こうなったら、
卵を産んで〜ヒナが生まれて〜〜巣立つ〜〜〜ところまで
見守りたいなぁ〜


posted by: toyo | 動物関連 | 12:20 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
フクちゃん
ようやく桜が咲き始めましたが、まだまだ寒いです。
それでも少しずつ春は来てますね。
殺風景な我が家の庭にも 可愛いたんぽぽが咲いています。


このたんぽぽの葉、、、
実は フクちゃんのゴハンになってます(^^)
特に好物というわけではないのですが、
たんぽぽは、なかなか良い成分が含まれているとか。
確か人間用にも、血糖値を下げる効果があるようなことを聞いたことがあります。

さて 今日は久ぶりに フクちゃんの登場〜!


先日1年ぶりに体重を測ったら、362グラムでした。
3年半前 我が家に来た時は確か、
200グラムほどしかなかったと思います。
保護した時、かなりの脱水症状でしたから。
甲長は1〜2cm大きくなったかな〜?
でも見た目の大きさは、あまり変わってないんですけどね(^^?

怪我で短くなった左前足ですが、
(先端部分は 血流が止まって壊死しました。)
その後大きな変化もなく 器用に歩いてます。
動物って 強いです。ホントに。。。
それなりにちゃんと適応して しっかりと生きていくんですね。
前足が無くなったことを嘆くのではなく
生きていくために 自然と体が反応して治癒しています。


赤い〇印の部分が前足の先端です。
右手には ちゃんと爪が5本ありますが
左手にはありません。
人間で言うと 丁度手首のあたりから欠落してしまいました。


傷のあった箇所は、今でもくびれがあります。

保護した当初は、
警察に届けたり〜
病院に通ったり〜
と 結構手がかかりましたけど(^^;
今は 静かに毎日をのんびりと過ごしています

好物のフルーツをあげると、
エサの方へ駆け寄ってきます(笑)
一応彼なりに走っているようです
正確に言いますと、、、 
歩くスピードが速くなるということなのですが・・・

春菊のような香りの強いものは苦手なようで
そんなときは、プイッと方向転換をして食べてくれません

性格は大人しくて、頭や首の下を撫でさせてくれます。
本当に 良い子です。
文句も言わず、泣き言も言わず、
我が家で一番の お利口さんです


posted by: toyo | 動物関連 | 21:25 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
原発周辺の動物救助
 最近、ツイッターを始めました。

きっかけは、今回の震災。

ツイッターからの情報で、
被災ペットの救援ボランティア団体のサイトを見たりしています。


*********

その中で、私たちに出来ることを1つ紹介します。
(緊急ドッグレスキューのブログです)

http://ameblo.jp/dog-rescue/entry-10867921701.html

22日午前0時より、原発半径20キロ圏内が立ち入り禁止となります。
取り残された動物は、まだまだ沢山います。

テレビの報道でご覧になった方もいると思いますが、
すぐに戻れると思い、自宅屋内に残したペットが次々と餓死、共食い、、、
命が消えています。

どうか、どうか、この多くの命を救ってください。
お願いします。


*********

私たちの思いを代弁しているブログがありました。
かなり的を得たことを書かれています。
デヴィ夫人のブログ。

http://ameblo.jp/dewisukarno/entry-10867069042.html

夫人も確か何頭もわんちゃんを飼っておられたと思います。
デヴィ夫人のこと、チョット好きになりました。。。


*********

あと、こちらはある獣医さんのブログ。
実際に福島原発周辺に行かれた様子が書かれています。
悲しい写真もアップされていますが、
是非とも目をそらさず、現実を見てください。
「その1」〜「その7」まであります。

http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/62708209.html

posted by: toyo | 動物関連 | 11:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
被災ペットの支援について
ここ数日は、被災地のペット達の救援活動についてネットめぐりしてます。
その中で見つけたサイトをいくつか紹介しますね。

*****

まずは署名運動です。

「ポチたま」でお馴染みの松本くんが中心となって活動されている団体。
NDS (Natural Dog Style) 

こちらでは、
「災害時におけるペット同伴可能の避難所の確保やペット入居可能の仮設住宅の確保」
について
環境省に対して署名運動を行うとのことです。
署名については ⇒こちら(署名活動についてのページ)

16年前、阪神の震災後、すぐ近所のグランドに仮設住宅が建ちました。
ペットを連れて入居されてきた方も何人かいらっしゃいました。
でも基本的にはペットは不可だったようで
若干のトラブルもあったようです。

一人暮らしをされていた中年の男性の中には、
どこかで拾った子犬を仮設住宅に連れてきて世話をしていた人もいました。

「ペット同伴可」の避難所や仮設住宅があれば、
精神的に救われる方もきっと多いはず。
是非とも実現してほしいものです。

***** 

そして先日もご紹介した (財)日本動物愛護協会 ですが、

「緊急災害時動物救援本部」 
のサイトが立ち上がったようですのでお知らせしておきます。

この緊急災害時動物救援本部とは、
財団法人日本動物愛護協会 のほか
社団法人日本動物福祉協会
公益社団法人日本愛玩動物協会
社団法人日本獣医師会

の団体で構成されています。

***** 

阪神の震災の時に、被災ペット達の保護活動をされていた団体がこちら。

イギリスの女性 エリザベス・オリバーさんが立ち上げた
NPO法人 アニマルレフュージ関西
ARK (ANIMAL REFUGE KANSAI)

今回の被災地への救援は、東京アークが中心になって活動されているようです。

*****

そして、京都に本部のある
一般社団法人 UKC JAPAN ブログ
一般社団法人 UKC JAPAN 

被災地への救援は神奈川県を中心に活動されているようです。

*****

何かひとつでも支援してくださればうれしいです。
内容については、各団体のサイトをご覧になって
各自で判断をお願いいたします。
posted by: toyo | 動物関連 | 15:15 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
被災地のペット達

ネットで、被災地のペット救済について調べてみました。

財団法人 日本動物愛護協会

こちらで義援金の募集をしているようです。

今被災地は混乱していて、
おそらく物資を届けることは困難な状態かと思います。

今できること、
やはりそれは義援金で応援するしかないんでしょうね。

神戸の震災の時、
我が家はマンション住まいだったので、ワン&ニャンはいませんでした。
ペットと言えば、、、
ハムスターが2匹と熱帯魚(海水魚と淡水魚)の水槽が3本だけ。

当時、確かボランティアの方々が宝塚で
被災したペット達を保護し
数年間に渡ってお世話をされていました。

壊滅状態の町の中をびしょ濡れのわんこが歩いている姿をテレビで見ると
胸が張り裂けそうになります。

今回も被災ペットを保護していただけたらと切に願っています。

posted by: toyo | 動物関連 | 23:37 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |