Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Profile
New Entries
Category
Recent Comment
クリック募金
クリック募金(dff)
Archives
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
サラ、椎間板ヘルニア

最近サラの様子をアップしていませんでしたね。

つい最近までは大きな変化はなく、

2週間ごとに血液検査を受けて、

服用する薬を毎回検討しながら経過観察を続けていました。

 

総たんぱく、アルブミンは 低く

腹水が溜まるギリギリの値をウロウロ状態。

 

PCV、ヘモグロビンの値は

服用している薬によって数値が低くなり

いつも貧血気味。

 

クレアチニン、尿素窒素(BUN)の値が1ヶ月ほど前から上昇し始め

軽度の腎不全な状態。

 

毎回先生と相談しながら色々な可能性を考えて

お薬を処方してもらっていました。

本当に厄介な 「蛋白漏出性腎症」です。

 

これがつい1週間ほど前までサラでした。

 

 

先週5月20日(土)に 10歳のお誕生日を迎え

禁断のケーキ誕生日を食べ(笑)

約1年ぶりにドッグカフェコーヒーに行って「温野菜」を食べ汗

それなりにボチボチと過ごしていました。

 

ところが、、、4日前の夜

突然サラの様子に変化が。。。。

小刻みに震え(歯茎の色は正常でした)

どこか落ち着かない様子。

よく観察していると、左の後足の足先がナックル状態。

(足首が折れ曲がったままで 立ったり歩いたりしている)

歩く姿も 少しヨロヨロしていて

後足にチカラが入っていない様子でした。

う〜ん、

うまく後足を自分でコントロール出来ていないって感じかな。

 

翌日病院に行っての診断結果は

「椎間板ヘルニア」でした。

5段階評価ではレベル3。

レベル4や5になると 手術対象だそうです。

 

今年1月にDOGドックを受けた時

背骨の骨の隙間がかなり狭くなっていると言われていました。

足首がナックル状態になっているのが

分かりやすい症状だとか。

そして このヘルニアってのは、突然症状が出るのだとか。

恐らく本人は以前から痛みがあったのだとは思うのですが

なんせ大型犬は

痛みに強いと言うか〜我慢強いと言うか〜

食欲が落ちることもなく、不調を訴える様子はありませんでした。

 

翌日からは、自分で立ち上がることも出来ず

補助がなければ歩くことも出来なくなりました。

医師からは、「散歩はダメです。とにかく安静にしてください」とのこと。

 

と言うことで、何度も27kgほどあるサラを抱っこをすることになった私。。。

案の定、、、発症してから3日目私が腰を痛めてしまいましたDocomo_kao18

 

ネットで 犬の歩行補助用のベストなどを注文し

本日から早速使ってます。

抱っこをすることを思えば とても楽チンなのですが

それでも ある程度サラの身体を引っ張り上げて補助をしなければならないので

やはり腰への負担は結構あります。

 

サラの治療に関して今は ステロイドを少なめに服用し

(正規の分量だと 腎臓への負担が心配なので)

経過観察中です。

先生のお話だとレベル4(歩行が出来ない)や

レベル5(痛みも感じなくなる)は手術と仰っていたのですが

このまま症状が進行すれば 手術も視野に入れる必要があるのかも。

でも腎臓の悪いサラに手術は可能なんだろうかと

色々と考えてしまって 気持ちが下がるです。

 

とにかく〜今は自分の腰を早く治さなくては。

 

いやぁ〜それにしても 昨年の秋から

ほんまに色々あるわーーー!

この上 シュウにも何か問題が発生したら

わたし、壊れてしまいそうです寒い

 

どうか サラの脚が回復しますように。。。

posted by: toyo | DOGS | 17:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://blog.weltons-room.com/trackback/229
トラックバック